食事から摂れる葉酸と葉酸サプリメントとの違い

食事から摂れる葉酸と葉酸サプリメントとの違い

食事から摂れる葉酸と葉酸サプリメントとの違い

生まれてくる赤ちゃんにとって欠かせない栄養素である葉酸ですが、普段の食事からは必要といわれている摂取量をじゅうぶんにとることは難しいということはよく言われているので、多くの人がご存知だと思います。

 

そのために必要な摂取量を効率よく摂ることが出来る葉酸サプリメントを妊娠期の人達の多くが愛用しています。

 

このように葉酸というものは多くの人に知られるようになりましたが、この葉酸サプリメントで摂ることが出来る葉酸と食事から摂れる葉酸とでは少し異なるものであることはあまり知られてないのではないでしょうか。

 

食品から摂れる葉酸はポリグルタミン酸型で、葉酸サプリメントから摂れる葉酸はモノグルタミン酸型と違う区分で分けられています。

 

注目すべきは区分が違うということではなく、体内での吸収率の違いです。

 

葉酸サプリメントから摂取した葉酸は体内でおおよそ85%が吸収されて、栄養素として使用されるのですが、食事から摂れる葉酸はおおよそ50%しか吸収されないのです。

 

しかも食事の場合、調理をする時点でも50%くらいは失われてしまうと言われているので、実質25%くらいしか吸収されないということになるのです。

 

これが食事だけではなかなかじゅうぶんに葉酸を摂取できないといわれる理由です。

 

食事とサプリメントから摂取する葉酸は異なっているけど、働きなどに違いがあるのかと思う人もいるかもしれませんが、摂取して吸収していく過程で同じ性質となるため、働きに違いはありません。

 


 

関連ページ

葉酸の効果について
葉酸の効果についてご紹介いたします。葉酸は、妊娠前や妊娠初期の方にはとても重要な栄養素です。この葉酸が不足してしまうと、生まれてくる赤ちゃんの二分脊椎などリスクが高くなってしまうと言われています。ですので、葉酸は必ず摂取することをおすすめいたします。
おすすめの摂取時期とは
葉酸を摂取するおすすめの時期についてご説明いたします。葉酸を摂取する時期は、妊娠前から妊娠初期が一番重要です。ですので、妊娠がわかってから葉酸を摂取し始めるのは遅いです。妊活をはじめようと思ったときから、葉酸摂取を心がけましょう。
摂取量はきちんと把握しておく
葉酸の摂取量はきちんと把握しておくこと!について書いていきます。葉酸は食事から摂ることがなかなか難しいですので、上限摂取量などはあまり聞きません。しかし現在は、葉酸サプリメントを活用することによって、簡単に摂取してしまうことができますので、1日の摂取量を守って上限摂取量にいかないように注意することも大切です。
食事から摂れる葉酸の摂取量には限界がある
食事から摂れる葉酸の摂取量には限界があります。葉酸は食事から全て摂取できれば良いのですが、葉酸は熱に弱いので、生で食べる必要があります。その必要量を全て食べるとなるとかなりの量です。しかも毎日となると難しいでしょう。その点、葉酸サプリメントを活用すれば簡単に補うことができます。
厚生労働省も推奨しています
葉酸サプリメントの摂取には厚生労働省も推奨しています。妊娠前・妊娠中の女性は必要な葉酸摂取量を食事からだけでは補うことが出来ない為、サプリメントが推奨されているのです。ですので、しっかり葉酸サプリメントを摂取して元気な赤ちゃんを産んでくださいね。
母子手帳に葉酸の重要性が記載されている
母子手帳に葉酸の重要性が記載されていることについて書いていきます。葉酸は母子手帳に書かれるほど、重要な栄養素となっています。しかし、葉酸は妊娠前から必要な栄養素なのです。実際は母子手帳をもらう前から摂取していなければいけません。とにかくなるべく早くから葉酸を摂取するように心がけましょう。
たくさん含まれている食品とは
葉酸がたくさん含まれている食品についてご紹介していきます。葉酸がたくさん含まれている食材はたくさんありますが、葉酸は熱に弱いので調理には注意が必要です。葉酸の必要量の全てを食べ物から摂ることは難しいので、やはり葉酸サプリメントを利用しましょう。