厚生労働省も推奨しています

厚生労働省も推奨しています

皆さんは母子手帳の中身を見たことがあるでしょうか。

 

2002年の4月以降の母子手帳であれば、葉酸についてのことが記載されていると思います。

 

お腹の中の赤ちゃんのために葉酸を摂りましょうという内容が記載されているので、母子手帳をもらって初めて葉酸の存在を知ったり、葉酸を積極的に摂り始めたりする人もたくさんいるでしょう。

 

このように国から発行されている母子手帳で葉酸の摂取を推奨しているということは、国が推奨しているということになりますよね。

 

実際に、葉酸を摂取することを厚生労働省が2000年に正式に推奨し始めました。

 

また、厚生労働省は葉酸を摂取しましょうというだけではなく、食事だけで葉酸を摂取することは非常に難しいことから食事からだけでなく、葉酸サプリメントでも葉酸を摂取していきましょうということも推奨しているのです。

 

厚生労働省としては、サプリメントはあくまで栄養補助食品であってサプリメントに頼りすぎるのは良くない、栄養はあくまで食事によって摂取するのが基本だという考えを推奨していると思いますが、そんな厚生労働省が葉酸サプリメントで葉酸をしっかりと摂るようにと具体的に指示を出すということからもいかに食事からだけでは葉酸をじゅうぶんに摂ることが出来ないということがわかると思います。

 

よって、これから妊娠期を迎える人達は、食事で何とか摂取しようとするのでなく、葉酸サプリメントも摂取してしっかりと葉酸を摂るようにしていきましょう。

 


 

関連ページ

葉酸の効果について
葉酸の効果についてご紹介いたします。葉酸は、妊娠前や妊娠初期の方にはとても重要な栄養素です。この葉酸が不足してしまうと、生まれてくる赤ちゃんの二分脊椎などリスクが高くなってしまうと言われています。ですので、葉酸は必ず摂取することをおすすめいたします。
食事から摂れる葉酸と葉酸サプリメントとの違い
食事から摂れる葉酸と葉酸サプリメントとの違いについてご紹介いたします。一番大きな違いとしては、吸収率の違いがあります。サプリメントのモノグルタミン酸型の葉酸は、吸収率はおよそ85%です。食品や一部のサプリメントのポリグルタミン酸型の葉酸は、およそ50%となっています。厚生労働省が推奨している葉酸は、モノグルタミン酸型となっています。
おすすめの摂取時期とは
葉酸を摂取するおすすめの時期についてご説明いたします。葉酸を摂取する時期は、妊娠前から妊娠初期が一番重要です。ですので、妊娠がわかってから葉酸を摂取し始めるのは遅いです。妊活をはじめようと思ったときから、葉酸摂取を心がけましょう。
摂取量はきちんと把握しておく
葉酸の摂取量はきちんと把握しておくこと!について書いていきます。葉酸は食事から摂ることがなかなか難しいですので、上限摂取量などはあまり聞きません。しかし現在は、葉酸サプリメントを活用することによって、簡単に摂取してしまうことができますので、1日の摂取量を守って上限摂取量にいかないように注意することも大切です。
食事から摂れる葉酸の摂取量には限界がある
食事から摂れる葉酸の摂取量には限界があります。葉酸は食事から全て摂取できれば良いのですが、葉酸は熱に弱いので、生で食べる必要があります。その必要量を全て食べるとなるとかなりの量です。しかも毎日となると難しいでしょう。その点、葉酸サプリメントを活用すれば簡単に補うことができます。
母子手帳に葉酸の重要性が記載されている
母子手帳に葉酸の重要性が記載されていることについて書いていきます。葉酸は母子手帳に書かれるほど、重要な栄養素となっています。しかし、葉酸は妊娠前から必要な栄養素なのです。実際は母子手帳をもらう前から摂取していなければいけません。とにかくなるべく早くから葉酸を摂取するように心がけましょう。
たくさん含まれている食品とは
葉酸がたくさん含まれている食品についてご紹介していきます。葉酸がたくさん含まれている食材はたくさんありますが、葉酸は熱に弱いので調理には注意が必要です。葉酸の必要量の全てを食べ物から摂ることは難しいので、やはり葉酸サプリメントを利用しましょう。